下肢静脈瘤を避ける為に|見た目にも関わる嫌な疾患

医者

下肢の血管が膨らむ病気

下肢の静脈瘤の症状

女性

下肢静脈瘤とは特に女性の発症が多い、足の静脈に何らかの原因で血が溜まり、血管が膨らんでしまう病気です。下肢静脈瘤は放置している患者がいますが、潰瘍の発症など重度化する場合もありますので、早期に医療機関を受診し治療を行うことが重要です。下肢静脈瘤の症状が、血管の膨らみ・下肢の痛み・かゆみ・倦怠感や疲労感などが挙げられます。これらの症状が重度化すると、家事や仕事に影響が出ることもあります。下肢静脈瘤は見た目も顕著です。下肢の血管内に血液が溜まっていくと、血管がとても太くなりコブのように盛り上がります。次第に皮膚の上からでも、コブとなった血管がはっきりと浮かび上っているのが確認でき、見た目にも大変目立ってしまうのです。

下肢の静脈瘤の原因と予防

下肢静脈瘤の原因のほとんどが遺伝だと考えられています。また足を動かす機会の少ない、立ちっぱなしの職業やデスクワークが基本の職業の方が発症しやすいようです。さらに妊娠・出産によるホルモンバランスの変化により、下肢静脈瘤を発症させることもあります。この為に下肢静脈瘤は女性の発症が多いと考えられています。下肢静脈瘤の予防として原因に挙げた運動不足の改善と、下肢のむくみの予防が重要とされています。休日や空いた時間には、なるべくスポーツやウォーキングなどを行う習慣を持ちましょう。運動不足の改善、むくみの予防どちらにも効果的です。そして食生活においても肉類や脂質の取りすぎに注意し、栄養バランスのとれた食事を心がけることが、むくみの予防となります。また、こまめな水分補給も血流をスムーズにし、むくみの予防に効果的です。

Copyright©2015 下肢静脈瘤を避ける為に|見た目にも関わる嫌な疾患 All Rights Reserved.